【プレゼンのコツ】苦手なプレゼンが得意に変わる5つの対策

ビジネスを成功させる上でプレゼンが必要な機会は多くあります。

しかしプレゼンに対して苦手意識を持つ人は多いのではないでしょうか。

  • 人前で話すのが苦手で発表が近づくにつれてどんどん心臓の音が聞こえてくる
  • 緊張で自分が何を話しているか分からないくらいパニックになる。
  • 発表後の質疑応答でも質問内容がしっかりと頭に入ってこず、上手く受け答えができない。

筆者の場合はこのような経験からプレゼンに対して苦手意識が強くあり、プレゼンの機会があるたびに憂鬱な気持ちになっていました。

しかし本記事で紹介する5つのプレゼン対策をすることで、苦手意識が徐々になくなり今ではプレゼンの機会があると楽しみになるまで成長することができました。

プレゼンは対策をすることでスキルアップすることができ、どんな人でも上達することができます。

ぜひ苦手なプレゼンを得意に変えてビジネスを成功させていきましょう。

目次

相手にプレゼンの内容を理解してもらう方法

プレゼンの内容を理解してもらうために最も大切なことは、聞き手に合わせて話し方を考えることです。

話す内容は同じであっても聞き手の知識や理解度はバラバラなことが多かったりします。

  • 知識がない人に専門用語を多用する
  • 状況を理解している人に背景や経緯を一から説明する

このように聞き手の理解度や知識量を無視してプレゼンをしてしまうと、聞き手が全く理解できずに終わったり、無駄な時間を過ごさせてしまったりしてしまいます。

そのためプレゼンを作成するときには聞き手の知識や理解度を把握した上で、最適な言葉使いや内容を選んで発表をしましょう。

プレゼン発表中にあがらないための対策

プレゼン中にあがらない最も効果的な対策は練習に練習を重ねることです。

当たり前のように聞こえますが、プレゼンが苦手な人ほど練習が不足していることが多くあります。

  • 話す内容
  • 話し方
  • 話すスピード
  • 発表時間

このようなポイントを練習により何度も確認しておくことが大切です。

そのために資料完成後に各ページで原稿を作成し話す内容をまとめておく必要があります。

そして原稿を読まなくても話せるようになるまで繰り返し練習をします。

この繰り返し練習が不足していると、本番では思っていたように話ができなかったり、何か想定外のことが起きたときに一気に崩れてしまい失敗に終わってしまうことも。

そうならないためにも何度も何度も繰り返して話す準備をしておくことで、多少のことが起きても動じずに発表ができるようになります。

もし本番で話す内容が飛んでしまうと心配、という場合には各ページで話す内容のキーワードを抜き出しておきましょう。

ど忘れしてしまった場合でも、キーワードを見ることで話す内容を思い出せるようにしておくことで、話し忘れを防ぐことができます。

プレゼンが上手いと思ってもらうポイント

聞き手に「この人はプレゼンが苦手そうだな」と思われる話し方には特徴があります。

  • あー
  • えー
  • あのー
  • そのー

このような繋ぎ言葉を多用してしまうこと、プレゼンが苦手そうな印象を持たれてしまいます。

繋ぎ言葉があると、聞き手はすんなりと内容が入ってきません。

また話が途切れ途切れになるので話下手に思われてしまうことも。

発表の練習をするときに意識的に繋ぎ言葉を使わずに話すことで、本番で繋ぎ言葉が出てしまう抑えることができます。

質問に対して冷静に的確に回答する方法

発表中または発表後の質疑応答で冷静に、的確に受け答えをする方法は想定問答集を作っておくことです。

事前に尋ねられそうな質問をリスト化しておき、それに対する回答を用意しておくことで、咄嗟の質問に対しても焦らずに回答することができます。

質問が思いつかない場合は事前に同僚や上司に対して発表内容を確認してもらい、どんな質問がくるかアドバイスをもらいましょう。

プレゼンで緊張しないためには?

初めてプレゼンをするときや、苦手と思いながらなプレゼンをするときにはどうしても緊張してしまいます。

しかし残念ながら緊張をなくす特効薬はありません。

プレゼンを何度も経験して慣れていくことで徐々に緊張はなくなります。

最初の内は緊張はどうしてもついてきてしまいますが、十分に発表練習し想定問答集を作り準備を万端にしておくことが大切です。

  • プレゼンで話せなくなったらどうしよう
  • 質問が来たら何も答えられないかもしれない

といった不安からくる緊張は綿密な準備でなくすことができます。

あとは人前で話すこと自体の緊張だけですので、これは何回も繰り返して経験することで必ず慣れてきます。

まとめ

この記事ではプレゼンが苦手な人に向けてプレゼンが上手くなる5つの方法を紹介しました。

プレゼンは自分の成果をアピールできる格好の場です。

苦手意識をなくして得意にすることができれば、楽しみながら自分の考えや成果をPRすることができます。

本記事がプレゼンを成功させてより良い社会人人生を送れる手助けとなれば幸いです。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる