【辞めるべき会社の判断基準とは?】転職した方がいい会社の特徴7選

  • この会社で働き続けてもいいのか?
  • 転職した方がいいのか?

このようなことに悩みながら日々仕事をしている人は多いと思います

私自身も新卒で入社した会社で日々悩みながら仕事をしていました

しかし思い切って転職をし、改めて振り返ると転職して良かったと思うことが多くあります

一度転職を経験したことがあるからこそ言える転職すべき会社の特徴をご紹介します

あなたの会社に対する悩みや不満は転職をすることで解決することができるかもしれません

目次

給料が少ない

労働の対価として貰う給料が少ない

昇給額が少なく将来的に増える見込みもない

このような悩みを持つ方は多いのではないでしょうか

相談者

仕事はやりがいがあれば十分!お金は気にしない

なんていう人は極めて稀で、やはり日々の生活や家族を養うためにも仕事内容に見合った給料をもらいたいものです

また給料に不満があると働く上でのモチベーションもなかなか上がりません

それによって成果が出ず、いい評価がもらえず、給料が上がらず、さらにモチベーションが上がらないといった負のスパイラルに陥ってしまいます

このような状況で仕事を続けていくよりは給料アップを目指して転職活動をチャレンジすることをおすすめします

将来性が見えない

働いている会社や業界、事業モデルの将来性が見えないことはありませんか

相談者

どれだけ仕事を頑張っても5年、10年先に今の会社が存続しているか分からない

といった不安を抱えながら仕事をするのでは、日々の業務に身がはいりません

業界全体が縮小していくことが目に見えて分かっているにも関わらず、それに対する対策ができていない会社であれば転職をした方がいいでしょう

社員のモチベーションが低い

やる気がない社員が多い会社も転職すべき会社です

今の地位や給与にしがみつき、ただ会社にぶら下がっている人がいると周りの指揮が下がり、悪影響を及ぼします

そんな人が一人や二人ならまだしも、何名もいるような会社は抜け出すべきです

やる気に満ち溢れた人が多く、自己啓発やボトムアップ活動が盛んに行われている環境に身をおく方が、自分自身のやる気も引き上げられます

お互いがいい影響を与え合うことができる会社を見つけましょう

土曜出勤が当たり前

1週間のうち5日働き残りの2日はゆっくりと休む

休日出勤が当たり前の会社ではこのようなこともできません

納期に追われ続けて平日も遅くまで残業をし、それでも終わらない仕事を休日出勤で片付ける

相談者

今はしんどいがこのヤマを乗り越えればきっと楽になる

このような希望を持ちたくなりますが、休日出勤が当たり前の会社では次に担当する仕事でも同じような状況に陥り結局は変わらないことが多いです

会社が変われば「当たり前」も変わります

休日は休むことが当たり前の会社がいいですよね

退職者が増えている

退職者が増え続けている会社は急いで脱出した方がいいです

退職者が続いている場合、残った人にどんどんしわ寄せが来てしまいます

そのような状況でも転職をしない人は

  • 周りが見えておらず危機感を持っていない
  • 転職したくても専門知識や汎用スキルがなく転職できない

といった人がいます

日々の業務の中で経験し身につけたことを棚卸ししておくことで、気づかない内に他の会社でも通用するスキルを身につけている場合は多いです

しわ寄せがきてしまう前に退職の流れに乗ってしまいましょう

うつ病で休職する人が多い

うつ病で休職する人が多いことも異常です

転職するまではそれが普通だと感じていましたが、数ヶ月毎に一人のペースで体調や精神を崩し1、2年間会社に来なくなることは明らかに異常でした

相談者

今月は○○さんが鬱になった

といった状況の中で働くといずれは自分もうつ病になるかもしれない‥と思えてしまいます

本来仕事は楽しいはずですが、業務のプレッシャーや自分のキャパシティを超える膨大な仕事に押しつぶされ、病んでしまうことはあってはなりません

会社にとって社員は多くのお金をかけて採用し教育しているわけですからそのような状況は避けるべきです

うつ病になるひとが多発するようでは組織として成り立っていないといえます

このような会社で悩んでいる方は社員一人一人のことを大切にしてくれる会社に転職すべきです

パワハラ上司がいる

  • 周囲に多くの人がいる中で失敗した社員を詰め寄る
  • 何時間もネチネチ指導を行う
  • 怒りに任せて部下に手を出す

ハラスメントに厳しい世の中になっているにも関わらず、いまだにこのようなパワハラが横行している会社からは抜け出すべきでしょう

パワハラを受けた社員は病んでしまう可能性が高く、周囲でその状況を見ている社員もいい気はせず仕事の質が低下してしまいます

会社には社風に合った同じような性格をもった人が多いです

  • イライラする人が多い会社
  • 真面目な人が多い会社
  • 几帳面な人が多い会社
  • アグレッシブな人が多い会社

自分の性格に合った社風の会社を探して、居心地良く働ける環境を探しましょう

まとめ

私自身の経験を踏まえて転職すべき会社の特徴を7つ紹介しました

転職はリスクが高いと言いますが今の会社に我慢をしながら何十年と働くことも十分リスクが高いです

転職活動にチャレンジするだけであれば誰でもリスクを負わずにできます

今の会社に不満や違和感を持っている人は、より良い会社を探して転職を考えて見てはいかがでしょうか

最後までご覧いただきありがとうございました

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる