【2021年5月】もしもアフィリエイトでAmazonの審査に落ちた人向け!改善ポイント2点【記事数とプライバシポリシー】

アフィリエイトを始めるに当たってまず最初の関門となるAmazonの審査

Amazonアソシエイトは審査基準が厳しいと聞いていたため、受かりやすい「もしもアフィリエイト」を経由してAmazonの申請を実施しました。

ところが2回続けて審査に落ちてしまい、簡単に受かると思っていたところ出鼻を挫かれることに‥

落ちては改善を繰り返し3回目の申請でようやく承認を得ることができました。

そこでこの記事ではもしもアフィリエイト経由でAmazonの審査で合格するためのポイントを2つお伝えします。

このポイントを改善することで筆者以外にも承認を得られた方が数名いらっしゃったことから、まだこの対策をされていない方はぜひ参考にしてください。

目次

記事数が10記事以上あること

Amazonの審査条件として記事数が10記事以上必要となります。

この審査条件はAmazonアソシエイトの公式ページにも明記されています。

▶︎【Amazonアソシエイト公式 審査プロセス】

筆者は最初ろくに調べもせずに6記事で申請してしまっていたため、10記事になるまでしばらく待った後に再度申請をしました。

参考までにもしもアフィリエイトで否認後に再申請できるまでには3日かかります。

すぐに再申請することはできませんので、じれったいですが大人しく待ちましょう。

プライバシーポリシーにAmazonアソシエイトプログラムの参加者であることを明記

Amazonの審査条件にはプライバシーポリシーに「Amazonアソシエイトプログラムの参加者」であることが明記されている必要があります。

ご自身のサイトのプライバシーポリシーを確認いただき明記されていない場合は以下の文言をコピペしてください。

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

参考までに本ブログのプライバシーポリシーのリンクを貼っておきます。

プライバシーポリシーが審査のポイントになっているとは思ってもいませんでした。

まだAmazonの審査に受かってもいないのに参加者ですと記載する必要があるなんて誰も思わないですよね?

ただ今回Amazonの審査に2回落ちて3回目でようやく承認される過程で確実にこのプライバシーポリシーが審査条件に入っていると考えています。

なぜなら筆者はAmazonの申請を2回目が否認されてから3回目を申請するまでに変更した点はプライバシーポリシーのみで、その他は一切変えていませんでした。

(簡単と聞いていたもしも経由でAmazonに2度も落ちたことからモチベーションが下がりブログを一切触っていなかったからです‥)

プライバシーポリシーは見落としがちなポイントかと思いますので、ぜひ確認いただければと思います。

まとめ

もしもアフィリエイト経由でAmazonの審査に必要なポイントを2つ紹介しました

  • 記事数が10記事以上あること
  • プライバシーポリシーにAmazonアソシエイトプログラムの参加者であることを明記していること

その他としては筆者の場合は

  • 1ヶ月前にAmazonで商品を購入していた
  • Amazonプライムを登録している

このような状況で承認されました。

他の方が書かれている対策記事ではこのようにAmazonを活用していることが必要という意見もありましたので、参考にしていただけばと思います。

アフィリエイトのスタートに向けてAmazonの承認に役立てば幸いです。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる